VISAプラチナカード

ブラックカードの登場で、以前ほど手の届かない存在ではなくなってきたプラチナカード。そんな現状で、年会費に見合ったサービスは受けられるのでしょうか?プラチナカードのトップ2、アメックスとVISAを比べると、年会費はアメックス8万5千円、VISA5万円。実に3万5千円もの開きがあります。
世界のシティカードがVISAと提携して発行している「シティVISAプラチナカード」。世界中のホテルやリゾート施設を優先的に使用できるのはもちろん、オリジナル特典のトラベラーズチェック無料発行が魅力です。世界中を飛び回る人におすすめですが、反対にあまり海外に行かない人にとってはメリットが少ないかも…。
三井住友VISAが発行する「三井住友VISAプラチナカード」は、24時間365日対応してくれるカスタマーセンターがポイント。これはシティVISAプラチナカードにはない特典です。ステイタス感ではダイナースやアメックスに比べて若干落ちますが、コストパフォーマンスが評価されています。
珍しい航空系のプラチナカード「NWA/WPシティVISAカード」は基本的にはシティVISAと同じですが、有効期限なしのマイレージが魅力。レクサス購入者だけに発行する「レクサスVISAプラチナカード」は、年会費が格安ながら、レクサスとプラチナカードという2つのステイタスの証となってくれます。


RSS関連リンク
MJC・マックジョイクラブ、終了!
て、終了。同時にカードも無効となるらしい。昨日、封書が届いた。封書にはマックジョイクラブ終了のお知らせと、クレジットカードを継続利用したい場合の申込書、そして、3月末日まで使える「MJCサンクスカード」が入っていた。「MJCサンクスカード」は提示すると

バルセロナ?到着まで編?
のチケットは 細長かったです。カードサイズに見慣れてる身としては、新鮮。何とかバルセロナに到着して、ホテル(チェックインのとき)で一言。「パスポートかクレジットカードを出してね?」 ありません。とは言うはずもなく、滞在許可証とクレジットカードを出して解決。ホテルの

トップ > マネー > VISAプラチナカード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。