投資信託の手数料比較

投資信託はリスクが少ないのですが、それだけ手数料がかかります。投資信託は、プロに運用をしてもらっています。いわば、プロを雇って運用している形態となります。しかし、この手数料は一定ではなく、購入先や、購入するファンドにより異なります。投資信託の手数料を比較して、できるだけ手数料を下げることも投資信託を選ぶポイントとなります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託を購入するときの手数料は、販売手数料、購入時手数料、募集手数料、買付手数料、申込手数料などがあります。比較していくとわかるのですが、中には、「ノーロードファンド」と呼ばれる販売手数料がかからない投資信託もあります。投資信託の手数料の節約には、とても有効な投資信託です。
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、販売手数料が高い、投資信託Aとその投資信託に比較して、販売手数料が低い投資信託Bを比較してみるとします。運用している年数が低い場合は、販売手数料が安い投資信託Bがお得かもしれませんが、もし、投資信託Bの信託報酬が高ければ、長い間、運用していけば、投資信託Aの方がお得になるかもしれません。
投資信託の手数料を比較、検討するときに、販売手数料が無料なものは、短期の投資信託に非常に有効です。米バンガード社のファンドは、販売会社に販売手数料をとることを許していません。手数料の観点かれいえば、優良な投資信託ということにiなります。この米バンガード社のファンドは、マネックス証券で購入することができます。

トップ > 投資 > 投資信託の手数料比較

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。