幼児の英語教育

幼児の耳は3歳までにできあがる、と言われています。絶対音感を養うためには3歳までに音楽を学ばせろ、なんて言いますが、英語にも同じことが言えるのでしょうか。幼児のうちから英語を「聞く」ことを積極的に取り入れている家庭が多いようです。そのためには教材は非常に便利なツールです。
十数年前のような受験戦争はもうありませんが、今の子供たちはたくさんの習い事をしています。昔と違うのは、それが勉強のためだけではなく、情操教育の一環であること。幼児の英語教育はまさにそれ。英語そのものを覚えるよりも、英語教材を通して何かを学ばせることが目的です。
幼児の英語教育において親が期待するものとはなんでしょう。英語力の土台作り?もちろんそれもあるとは思います。ですが多くの親は、我が子が幼い頃から英語に触れることで、日本以外の文化、価値観と意識せずに触れ合わせることを目的にしています。そのために決して安くはない教材にお金を払っているのです。
幼児向け英語教材を選ぶのは、当然ですが親です。実際にその教材を使う幼児の意見をまったく聞けずに、親は高いお金を払うことになります。ですから、せめて自分が面白いと思う物を買いましょう。自分はつまらないけれど子供のためにはいいのかも…なんて考えないことです。


RSS関連リンク
今日もいい日でした。
しています。今夜は、ドミトリー泊。外国人のバックパッカーのお宿で1泊2000円です。TVとネットをおいてある部屋には、いろんな国の人がいます。無言でキーボード叩いているか、TV見てるかですが(笑)英語用キーボードは、戸惑うーー。

勉強☆
今日ゎ勉強頑張りましたょ♪ 特に英語と数学!!部活がオフだったからねwww でも、自主練ゎほとんどしてない。。。弟とキャッチボールしたぐらいかな(笑) 弟ゎ相手にならんょ↓↓ 下手すぎるゎ。。。(笑) まあいいや☆ 明日から学校♪♪ 朝練あ

トップ > 教育・資格 > 幼児の英語教育

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。