フードプロセッサー

フードプロセッサーは毎日の献立作りに大変便利なアイテムです。フードプロセッサーは刃をモーターで回転させることで食材を切り刻む調理器具です。デパートの実演コーナーやTVの通販番組などで野菜やお肉などを見事にあっという間に細かくする場面を目にしたことが1回はあると思います。今ではまぜる、きざむ、おろす、という基本的な機能に加え、スライスする、ホイップするという機能を持ち合わせたものも人気があります。
フードプロセッサーではクイジナート、アムウェイ、テスコム、ナショナルなどのメーカーが人気です。ナショナルはわかりますが、他のメーカーはどういう会社でしょうか。1番人気のアメリカ・クイジナート社は電気調理機器フードプロセッサーの開発に成功し、米国で販売開始した老舗メーカーで日本のメーカーと業務提携して国内でも販売しています。アムウェイはクックウェアで知られる、調理関係の商品販売で有名な会社です。クックウェアは結婚祝いに贈られることが多いですね。テスコムは「ジューサー」「ミキサー」部門でるGfK Certifiedを受賞、これはカテゴリー毎に1年間の販売数量シェアの最も高かったメーカーに与えられる賞です。
フードプロセッサーは面倒な魚のすり身や肉のミンチがらくらく作れます。また目が痛くなって困るたまねぎもあっという間にみじん切りに。焼き魚などに欠かせない大根おろしも普通にすると面倒ですが、見事に一気に出来上がります。赤ちゃんがいる家庭では離乳食作りがとても便利。またフルーツを凍らせて砕くと、100%のシャーベットができますし、作るのが面倒な野菜スープも簡単。料理にパンに、デザートに大活躍する調理器具なのです。
フードプロセッサーは頭が痛い毎日の献立に、大いに役立ってくれます。適当に切って入れるだけであっという間にみじん切りやペーストができるので、子供も、ついつい面白くて手伝ってくれそうです。野菜嫌いの子供に野菜を食べさせるのは大変ですが、フードプロセッサーは原型をとどめないくらい細かくするので、カレーやシチュー、ハンバーグなどに混ぜて入れても気づかれないと、ママに好評です。すりおろしも簡単なので、にんじんケーキやかぼちゃプリン、ほうれん草のパイなど、野菜をお菓子に混ぜて食べさせることもできますね。


RSS関連リンク
冬至の1日
の稽古がありました。料理教室は日本料理。大の苦手のなまこ料理があるというので、とても恐れていたのです。大学の調理実習でなまこをさばいた時の気持ち悪さが忘れられずトラウマとなっていたのです。なまこは先生がデモンストレーションでさばいて下さいました

冬休みだYO!!
です…切ないっ>< まぁでも休みがあるだけマシかvv 宿題ハンパないけどねww 終わる気配がしないんだけどっ; 大量調理の先生…授業中はめっちゃ厳しいのに(何度怒られたことか…涙)「休みはいっぱい休んで来年またがんばってください

トップ > 料理・レシピ > フードプロセッサー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。