グルコサミン

グルコサミンは、元々は私たち身体の中でも作り出されるアミノ酸なのです。プロテオグリカン(ムコ多糖類)と呼ばれる蛋白質で軟骨、爪、靱帯、心臓弁などに存在しています。グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。しかし加齢とともに失われていきます。
グルコミサンと同じような働きをするコンドロイチンは私たちの血管、軟骨、靭帯などに常に存在している、基本物質です。人の細胞の1つ1つは結合組織(コンドロイチン)によって互いに結び付けられており、関節、靭帯、腱の弾力性円滑性をた保つ、クッションの役割をはたします。コンドロイチンは大変な保水力に富む物質で全身の70%ともいわれる体内水分の保水性や弾力性を保持するのを助けまる成分です。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部から補給してやることが望ましいのです。
骨と骨が相対している部分を関節といいます。その相対する骨の先端をおおっているのが軟骨で、骨同志の摩擦を防いだり、骨にかかる衝撃を和らげています。軟骨の表面は、非常に滑らかで滑りやすくなっおり骨と骨が擦れあう摩擦を少なくします。この軟骨が、加齢や物理的な要因で、傷ついたり、もろくなって崩れてしまうと、関節がスムーズに動かなくなってきます。その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形性関節症が起こるのです。
関節痛予防には特に骨の関節軟骨部分にも多く含まれ加齢と共に減少するグルコミサン・コンドロイチンが必要です。予防や日々の健康を保つ程度なら、グルコサミン・コンドロイチンを比較的多く含んでいるねばねば食品の、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくら、牛、豚、鶏の軟骨、鶏の皮などを食べるようにすると良いでしょう。しかし、加齢とともに体内でつくられる量が減少しますので、外部からサプリメントとしてグルコミサンコンドロイチンを補給してやることが望ましいのです。


RSS関連リンク
[日常。]
足がいたいよ。皆結構同じところ痛がってる。多分コンクリートの上走るから??負担かかりそうやもんなあ。歩くだけで関節に激痛が走る。明日にはどうなってるんだろう。朝どうしようってくらい打てなかったけど最終的にはまあまあでした。一日

風邪引いた・・・
関節が痛いです。たいして書くこともないので、某ワンピース好きさんに奉げる メール送受信画像でもペタリ ビタミン剤は、飲みすぎると おしっこや口臭が自分でも気持ち悪い臭いになるのがつらい・・・・

トップ > 健康・ダイエット > グルコサミン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。