贈与税

贈与税とは、個人から現金や不動産などの価値あるものを譲り受けた時にかかる税金です。実際の価値よりも、著しく低額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらった際にも贈与税はかかります。ちなみに、会社等の法人から財産を譲り受けた場合は、贈与税ではなく所得税がかかります。
贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)にもらった財産の価額の合計額から基礎控除額110万円を引き、その残額に贈与税の税率を掛け、さらに控除額を差し引いた額が納税額です。つまり、贈与税額=(贈与財産の合計額−110万円)×税率−控除額という式になります。
さて、贈与の性質によっては贈与税がかからない場合もあります。例えば、夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費や教育費に充てるため取得した財産に関しては贈与税はかかりません。生活費とは、通常の日常生活に必要な費用であり、教育費とは、学費や教材費、文具費などに充てるための費用です。
贈与税で最も注意すべきは、住宅を取得する時です。住宅取得資金贈与の特例は、親や祖父母から住宅資金の贈与を受ける場合に、550万円まで非課税になる制度です。また、相続時精算課税制度を使うと、住宅取得資金の場合最大で3,500万円まで非課税になります。重要な贈与税の基礎知識です。


RSS関連リンク
ボーナス格差
県職員のボーナスはここ数年同じ水準でしょう。しかし、民間は下がってますね60?70万はあったと思いますヨッ!!「税金の無駄遣い」で書いたとおり http://gensoh.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_fee7.html 今は「「

読んだ本
商品まで,税金に税金を掛けあったり(正確には税金の移転だけであるが),それが一定額であれば青色申告をしているにもかかわらず利益になったりと,我が国では不公平感がありますが,ヨーロッパでは引用のとおり,価格と税金を分離し

トップ > マネー > 贈与税

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。