プロペシアの効果

飲む発毛剤として注目されているプロペシア。元々は前立腺肥大の治療薬として開発されていましたが、育毛の効果があることが分かり、発毛剤として発売されました。男性型脱毛症(AGA)を男性ホルモンを抑えるという面から治療する薬として、注目を浴びています。
同じ成分とはいえ、プロペシアとジェネリック・プロペシア(フィンペシア)の効果に違いはないのでしょうか?プロペシアに限らず、ジェネリック薬品について医師の7割近くが効果や安全性について疑わしいと思っているというデータがあります。それでも、成分は同じなのです。
プロペシアが効果的なのは、男性型脱毛症(AGA)のみ。それ以外の、例えば円形脱毛症や、他の病気による脱毛には効果がありません。まずはあなたの脱毛が男性型脱毛症(AGA)なのかどうかを病院で診てもらいましょう。ひょっとしたら、まったく違うものの可能性もあります。
プロペシアは頭皮や毛根に直接働きかけるのではなく、男性ホルモンに働きかける薬です。リアップやロゲインとは全く違うルートで、脱毛を抑制する仕組みになっているんですね。だからこそ、リアップやロゲインとの併用がより効果的。病院での治療も、これらを併用するケースが多いようです。


RSS関連リンク
副作用が本当に無いかどうか
男性ホルモンを抑えます。ロゲイン、エキュエイト、プロペシアに強力なライバル出現と 米国で話題となっていますが、実は他の育毛剤との併用も可能です。既に他の育毛剤や発毛剤である程度の効果を上げている方は、一度このリバイボゲンとの併用にチャレンジしてみてください。

トップ > 美容・コスメ > プロペシアの効果

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。