ボストンテリア

ボストンテリアはアメリカでは3番目に古い犬種で、1870年代にブルドッグとホワイトイングリッシュテリアを掛け合わせることにより、現在のルーツとなる個体が誕生しました。当時は闘犬目的であったため、体高は大きく、体重も20sを超していました。その後小型犬との交配を繰り返し、現在の室内犬として適した大きさ、性格に改良されてきたわけです。ボストンテリアの人気は最近上昇しており、JKCの犬種別登録頭数も毎年伸びて、2006年には3773頭となっています。
ボストンテリアに一目惚れする人も多いようですが、その魅力は大きな瞳と短い鼻を持つ愛くるしい顔と、短く手触りの良い艶のある被毛にあるのではないでしょうか。まるで小さな子供がタキシードを着込んでいるようで、歩く姿はほほえましいものがあります。特にボストンテリアの子犬に見つめられと、飼いたいという衝動に駆られるのも仕方がないような気がしますね。非常に飼いやすい室内犬として人気が出てきているのもうなずけます。
ボストンテリアは手入れが簡単で飼いやすい犬種ですから、飼うことに対してはそれほど神経質になる必要はありません。ただし、被毛の美しさを保つためには毎日のブラッシングは欠かさずに行うほうがいいでしょう。また、暑さに弱い犬ですから、日射しの強いところを避けるだけではなく、室内においても温度が高くなりすぎるようであれば、風通しを良くしたり、暑さ対策のグッズを利用したりして、体温を管理してあげることが必要になる場合があります。
街のペットショップに出かけてボストンテリアを抱き上げ、購入するかどうかを決めたいと思っても、置いているペットショップ店は少ないようです。実際自分の目で見て、手で触ってから購入すると安心できますが、どうしてもペットショップで購入できなければブリーダーなどを利用することになると思います。ただし、何度か連絡のやりとりをして、信頼できるブリーダーであるかどうかを見極める必要があるでしょう。ボストンテリアの里親募集の掲示板もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


RSS関連リンク
ボステリオフ☆
upが遅くなってしまいましたわ 11月25日(日曜日) お台場にあります「 大江戸温泉綱吉の湯 」にて mixiコミュ「 ボストンテリア南関東連合 」オフ会に行って来ました この日は朝から良い天気 ランラン日和のポカポカ陽気でした まずは、ご近所さんの「

犬が来た
11月22日テツが来た。生後6ヶ月位のボストンテリア

トップ > ペット・動物 > ボストンテリア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。