マクラーレンのベビーカー

マクラーレンのベビーカーは英国王室をはじめとして、欧米のセレブ達にも支持されていて、現在50カ国以上で販売されています。日本でも2003年の正式販売以来、首都圏を中心に若いお母さん達の間で大人気のベビーカーとなっています。通信販売での取り扱いも手伝って、今や日本国中でマクラーレン・ベビーカーを押すお母さんの姿が見られるようになっています。
マクラーレンのベビーカーが売り出されたのは40年も昔のことで、1967年に世界初の折りたたみ式のベビーカーを発売して、イギリスのメーカーであるマクラーレン社は一気に世界規模で有名となりました。英国の航空工学者であった創設者が孫の為に開発したベビーカーの折りたたみ可能なモデルは、まさに画期的な発明とも言えました。コンパクトに折りたためるマクラーレンのベビーカーのお陰で、乳幼児を連れて外出する両親達の負担が大きく軽減されることとなったのです。
国産のベビーカーに比べてマクラーレンのベビーカーは、はるかに機能的で、操作性に優れています。マクラーレン取り扱い店舗で実際に押して比べてみて下さい。特に左右へ曲がる時の軽さ、ガタつかないしっかりとしたフレーム、歩きやすい足元の空間、防水しながら風を通す快適フード、赤ちゃんをしっかり固定してくれる5点式シートベルト、幅広いバリエーションと、お母さんの心をとらえる魅力が満載です。
ただマクラーレンのベビーカーは世界のセレブ御用達だけあって価格が高いのです。素材に関してはもちろん高品質な物が使われていますが、4歳児まで使用可能なようにフレームが大きい為、国産の普通のベビーカーと比べてかさ張って重さも重くなっています。デメリットと思えるこれらの点も、安全性重視で、長く使えるようにというヨーロッパの物作りの基本故。全ては大事な赤ちゃんのためにと考えれば、マクラーレンのベビーカーは決して高い買い物ではないでしょう。


RSS関連リンク
こーんにーちはー!!
いパスを教えてもらってたので 交通費(淀屋橋から)・入場料込みで¥1300という お得コースで。枚方公園駅に着くなり、ベビーカー率80%。ひらパー内はおそらく98%ってくらいに そこらじゅう私らと同じ様な子連れだらけ。野外ステージとやらで行われるんやけども

ハードです。。
今日は、今通ってるサークルの日です☆★ 朝、外を見てみたら雪が無いのでベビーカーで行ける♪♪と喜んでしまいましたが・・・外は 激寒 でした サークルに行く前にちょっとだけ裏のお婆ちゃんにお願いしてハルカを見ててもらいまし

トップ > ライフスタイル > マクラーレンのベビーカー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。