指の痛みやしびれ

最近、手の指の痛みやしびれを訴える女性が増えており、「手根管症候群」という症例が注目されています。手根管とは、ひら側の付け根の部分にあり、長さ3cmほどのトンネル状のところです。手根管の中の圧力が高くなって、手根管の中を通っている神経が圧迫されるため、手指にしびれや痛みを感じるようになります。そのまま放置しておくと、ものをつかみにくくなり、ボタンかけづらくなったりします。手根管症候群は中年の女性が多くかかる病気です。
手根管症候群は特に原因がはっきりしないことが多いのですが、手首の脱臼や骨折、リウマチが原因となったり、長時間キーボードを打ったり、草取りや皿洗いなど、頻繁に手作業を行うことでも起こります。長年わたって人工透析を受けている人は、アミロイドという物質が透析で手根管にたまり、手根管症候群が起こりやすくなります。また、中年女性の妊娠中や出産前後、さらに閉経前後にも発症例が多く見られます。
手根管症候の診断法は、知覚検査や電気生理学的検査などを行って診断を確定します。簡単な自己診断法を二つ紹介しましょう。 (1)手根管のところを叩くとしびれのある指まで痛みが走ります。(2)手関節を掌屈したまま(あるいは背屈したまま)にしていると、一分以内に手指のしびれが強くなります。また、手根管症候群を見つけるのに、ファーレン・テストというものがあります。手首と指の力を抜いて手首が垂れ下がる状態を作り、1分以内にしびれが強くなる場合は手根管症候群の疑いがあります。いずれにしても、専門医の診断を受けることが大切です。
手根管症候群は、原因がはっきりわからず、軽い症状の場合は、手首を固定装具で固定したり、症状によって、消炎鎮痛薬を服用したり、あるいはステロイドを手根管に注射したりします。このような保存療法で改善しない場合や手の筋力が落ちた場合は手術をします。手術の方法には、手首の手のひら側を切開して神経の圧迫を解消する方法と内視鏡を用いて手術を行う方法があります。


RSS関連リンク
鬼がいた
約束をしています。その中の一つに 「指しゃぶり」を止めること がありました。しばらくして、 子供が泣き出しました 鬼さんに話があるぅ? と言っています。なんだろう???子供「指しゃぶりだけはしたい・・・」 はぁ????そんな

私が太皷に魅せられた時(
皷を汚すな"と叱られ、慌ててタオルで血をふき取る(太皷のですよ)のです。しまいには手がしびれてバチが持てなくなった時に“休憩しろ"とようやく休ませてもらう・・f(^-^;; 髪はスポーツ刈りか五分刈

トップ > 健康・ダイエット > 指の痛みやしびれ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。