教員免許の取れる通信教育

教員免許状の種類には普通免許状、特別免許状、臨時免許状の3種類があります。平成16年10月1日から構造改革特別区域法の認定による特例特別免許状も新設されました。通信教育の課程で取得できる教員免許状はこのなかでも「普通免許状」だけになります。
教員免許の取れる通信教育はどこでも受けられるわけではありません。通信教育といえども学校教育法(第54条の二および第69条の二)に定められた正規の高等教育課程ですので、文部省の認可した大学・短期大学にのみ設置されています。ここで受講し単位取得すれば、教員免許が取れるのです。
主に通信教育で取得できる高校の教員免許は国語科・地理歴史科・公民科・書道科・商業科・英語科・中国語科・数学科・保健科・家庭科・宗教科・美術科・工芸科・情報科・福祉科の15教科です。ただし高等学校教諭の場合は2種免許状はありませんので、最低でも取得までに2年はかかると見越しておきましょう。
従来の通信教育の利点を活かし、インターネット方式のスクーリングや、双方向オンデマンド方式のスクーリングを実施している大学もあります。「学びたい人がいつでもどこでも学べる」「頑張ればだれでも教員免許を取得することができる」環境が徐々に整備されてきたといえるでしょう。


RSS関連リンク
幼児向け通信教育の教材
幼児向け通信教育に興味を持つ方もいると思います。幼児教育の基本は、子供と一緒に楽しめることです。子供にとって親が一緒に遊んでくれることは、最もうれしく安心できることです。幼児向け通信教育の教材を

トップ > 教育・資格 > 教員免許の取れる通信教育

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。