FXスワップ金利

外貨証拠金取引(FX)ではスワップ(スワップ金利)というものが発生します。普段聞かない言葉ですが、これは取引する通貨ペア間の金利差を受け取ったり、支払ったりする制度です。 通貨はその国の政策によって金利が違っており、金利の少ない通貨で金利の多い通貨を買うと利子が受け取れます。
仮に1ドル=100円の時に1万ドルで取引を始めます。円とドルの金利差が年3.5%の場合、1年間保有したとします。売却するときに、同じように1ドル=100円であった場合、3.5万円が手元に利子として入ってきます。
株式投資での配当金との大きな違いとして、スワップは、一日単位で受け取れるというメリットがあります。株式投資では、権利落ち等の問題があり、投資する時期によっては配当金が受け取れない場合がよくあります。
スワップのポイントは、投資した通貨を売却するまで、毎日、金利収入を受け取れることです。スワップは各国の金利状況により変化しますので、うまく運用すれば、スワップは、外貨預金よりも金利が良いので、たとえ、レバレッジが1倍であっても収益を上げることができます。


RSS関連リンク
FXのスワップ
外国為替証拠金取引(FX)は利子(スワップ金利)で儲けることができます。金利が高い国があったり、低い国があったり、各国通貨の金利はそれぞれ違います。スワップは、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買った場合、その金利

トップ > 投資 > FXスワップ金利

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。