MRの転職

MRの転職を考えている人が増えています。これは外資系の製薬会社を始め、日本の大手製薬会社から中小製薬会社に至るまで積極的な中途採用活動を展開しているからです。そもそもMRとはMedical Representativeの頭文字を取ったもので、医薬情報担当者のことをいいます。医師に対して自社商品の安全性や副作用などの詳細な情報を提供しますから、医師同様高度な知識と能力が要求されるため、製薬会社にとって優秀な人材の確保が必要不可欠となっているわけです。
MRの仕事は間接的にではありますが、人の人命に関わる仕事です。その意味でやり甲斐がある仕事であるといえますし、反面非常に責任が重い仕事でもあります。いい加減な気持ちで取り組むことができないため、厳格な倫理観が要求されます。また、医師との密なコミュニケーションを絶えず図る事も重要な仕事の一つ。信頼を得る事なくしては、情報の提供、収集、伝達が出来るはずがありません。
MRを採用する企業は、応募者がMRとしての最低限知識や資質を有しているかどうかを客観的に判断することが必要です。このため、MR認定試験の合格者であるかどうかを重視する傾向があるようです。この試験は(財)医薬情報担当者教育センターが毎年実施しているもので、1997年に第1回の試験がスタートしてから、現在に至るまで計13回実施されています。MRで転職を考えている場合には、合格しておいた方が何かと有利に働く資格であると言えるでしょう。
MRの給与水準は高く、求人も好条件のところが多いのが実情です。そのため、求人に対しては、MR現役者だけではなく、MRの経験が全くない人の応募も増えているようです。企業の中には未経験者であっても、採用後に充実した研修を実施し、プロのMRとして活躍できるように育成しているところもありますが、大半は即戦力を求めています。MR現役の転職と比較して、未経験者にはハードルが高いと言えるかもしれないですね。


RSS関連リンク
どこに目ん玉つけてるの?
いろんな転職系のサイトに登録しちょります(^-^) その手のサイトをご利用された方はご存じかと思いますが だいたいはスカウト制度を設けています。そのスカウトってのは、こちらの経歴などを見て 企業側がアプローチしてくるというシステムになってます。んで昨日メール

経験したことないから、わか
てくれる上司や先輩がいない、となると早く見切りをつける、ということらしい。ただ、転職しても、その会社に社員を育成する環境があるとは限らないため、結局転職を繰り返す、という危惧も出ている。「もともと辞めるつもりで入社した」も40.3% 調査

トップ > ビジネス > MRの転職

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。