ボッテガべネタ

ボッテガべネタ(BOTTGA VENETA)はイタリアのベネト地方で1966年に創立された革製品のブランドです。このベネト地方は革製品の技術が非常に高いことで有名であり、ボッテガベネタ製品は革職人が手作業で滑らかななめし革をメッシュ状に編みこんだイントレチャートと呼ばれる独特な模様で有名です。もともとボッテガベネタにはブランド名の大きな表記やパステルカラーの使用などの派手さは無く、使えば使うほど深みが出る高品質な革製品の良さを前面に押し出したエレガントなブランドです。伝統を重んじる昔かたぎの一流職人の丁寧な手作業による革製品へのこだわりがボッテガベネタのブームの秘密となっています。そんなボッテガべネタですが、2001年にグッチ(GUCCI)の傘下となり知名度が急上昇します。それまでのエレガントなイメージはそのままに、革新的なデザインを取り入れた小物類の充実、パステルカラーやメタリックカラーの使用といった転換を図った結果、若い世代にもボッテガべネタは人気ブランドとなっています。日本では銀座に世界最大級のボッテガベネタ旗艦店がオープンしています。また海外の直営店からボッテガベネタ製品を直接買い付けているショップも増えてきました。ボッテガベネタといえばイントレチャートのカバンや靴・サンダルなどが有名ですが、それ以外にもアクセサリーや家具など幅広い製品を扱っています。


RSS関連リンク
ボッテガヴェネタへの第一歩
我らがボッテガヴェネタは 40代に人気らしいです。まぁ確かにシックな感じがしますからね。お店に行ってもそれは感じますね。銀座のボッテガベネタのお店に行くと、やはり同じ銀座でも ヴィトンやグッチの店は比較的若い人が多い中、 ボッテガヴェネタの店は、大人な雰囲気がし

トップ > ファッション・ブランド > ボッテガべネタ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。