全労済こくみん共済

消費生活協同組合法 (生協法)にもとづき、助け合いから生まれた全労済は保障の生協で、厚生労働省の認可を受けた、民間と異なり営利を目的としない共済事業を行う協同組合です。全労済が行う共済事業の中に「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障があります。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考え多彩な保障タイプを揃え、年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障を提供します。
こくみん共済の特徴は、月々の掛金は契約が満了するまで一定で、年齢による負担増がなく家計にやさしい掛け金です。また毎年の決算で剰余が生じた場合、「割り戻し金」として返金します。0歳から85歳まで加入でき、年齢や性別、家族の成長、暮らしのスタイルの違いにより、必要な保障は変化するので、多彩なタイプを揃えています。支払い事由が生じたときには、助け合いの共済だからこそ、迅速に対応します。
大型タイプ、 総合タイプ、総合2倍タイプ、医療タイプ、キッズタイプ、キッズワイドタイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプを揃えています。あなたのライフステージに合わせて、お選びいただけます。独身の方には「のびのびシングル」、新婚のご夫婦には「ほやほやファミリー」、育ち盛りのお子様のいる家庭には「ぐんぐんファミリー」、子供が独立したご家庭には「いきいきシニア」をお勧めします。
気楽な独身には、けがや病気に備えた総合タイプ+医療タイプ+医療終身タイプの組み合わせ。若い夫婦には、マイホーム購入なども視野に入れて考えた総合2倍タイプ+医療タイプ+医療終身タイプの組み合わせ。育ち盛りの子供をかかえ教育費や計画的な貯蓄も必要な家庭では、大型タイプ+医療タイプ+医療終身タイプの組み合わせ。老後のセカンドライフを考えて入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ+シニア傷害タイプ+医療終身タイプの組み合わせがお勧めです。


RSS関連リンク
ja 建物 共済の話
ています。借入金が多いため、家財を重視した内容ですが、掛け金が月額1万円強と、非常に高額なので、こくみん共済や県民共済の、安価な掛け金の保険に変える予定です。この保険を補足するため、単独で入れる、良い建物地震保険は無い

全労済 こくみん共済って?
全労済 こくみん共済をしっていますか?こくみん共済は、 満0歳から満85歳まで入ることが出来き、 さらに掛け金も格安の保険なのです。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、 本当に必要な保障は何かを

トップ > マネー > 全労済こくみん共済

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。