脳の病気の症状

脳の病気の症状は、パーキンソン病や脳梗塞・アルツハイマーや脳溢血。脳卒中に脳腫瘍・痴呆症やくも膜下出血等の症状などがあります。脳の病気は、治療のとりかかりが遅いと本当に恐ろしいのです。そして、厄介なのは、これらの脳の病気の症状は前兆などがわかりにくく、いつおこるかわからないのが現状です。
色々と脳の病気がありますが、脳梗塞は血管の詰まり方により脳血栓症、脳塞栓症の2種類に分類できます。脳血栓症は、脳の動脈が動脈硬化などによって細くなり詰まってしまう病気です。高齢者に多く比較的ゆっくりと発症します。意識を失うことは少なく、足のしびれや感覚障害、運動障害、呂律が回りにくい、あるいは食べ物や水が口からこぼれるなどの症状が出ます。
脳梗塞や隠れ脳梗塞などの脳の病気にならないための予防法は、高血圧・糖尿・不整脈などは見つかり次第すぐ受診しましょう 。タバコを止める、アルコール控えめ、 お食事の塩分、脂肪も控えめにしましょう 。体力に合った運動を続け万病の引き金になる太りすぎに注意しましょう。
脳梗塞など脳の病気に、日頃気をつける手軽で簡単な方法は、クエン酸を含む食品には、梅干、レモンなどとお酢など「すっぱい物」を摂取することが大切です。クエン酸には血液が固まってドロドロになる反応を妨げる働きがあります。その効果は、輸血の際など、血液が凝固すると困る場合の薬剤として、よく使われることからも分かります。


RSS関連リンク
メタボリックシンドローム
ができるでしょう。メタボリックシンドロームとは、おなかの中にたまった脂肪が糖尿病や高血圧などの症状を引き起こすものです。さらに、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす原因にもなるため、生活習慣やライフスタイルを変えてメタボ予防をしましょうといわれています。メタボリックシンドロームは、

脳梗塞治療>パソコンデータ取り込み
07年10月10日(水) 今日1日、パソコンのデータ取りで過ごす。これ、DVDに落とすんだが、時間が掛かかり、じっと待つことばかり。うっつらうっつら、うたた寝をしてしまう。写真のデータだしな。気長に待とう・・・ SK病院へリハビリに通う。PTトレーニング 午前

トップ > 健康・ダイエット > 脳の病気の症状

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。