ペット保険の比較

ペットを飼う時にはペット保険への加入も考えてみませんか。最近ではペットも高齢化しガンや心臓病・糖尿病などの生活習慣病が問題になっています。ペットがこれらの病気にかかると治療に長期間かかり、治療費もかなり高額になります。現在ではペット保険の種類も増えてきていますので、ペット保険を比較検討する際のポイントをご紹介したいと思います。
ペット保険を比較検討する時に最初にチェックしたいのは、どういう場合に保険金が支払われるのかという保障内容です。ペット保険は、ペットの治療費を対象とした医療保障のほかにも、死亡保障やガン保障、ペットが万が一他人にケガをさせたり他人の物品を破損した場合の損害賠償保障など、いろいろな保障に対応しています。
ペット保険の保障内容の比較検討が終われば次は保障制度の比較検討も行いましょう。ペット保険の保障制度には、医療費などに対し一定の割合(50%、70%、90%など)をかけた保険金が支払われる定率タイプ、入院・通院・手術などに対して一定額の保険金が支払われる定額タイプ、実際に要した金額が支払われる実額タイプの3種類があります。
さらに、保障内容や保障制度の比較検討以外にも、ペット保険各社の加入条件や各種割引、各種サービスなども比較検討するとなお良いでしょう。また、ペット保険会社によって加入できる動物も異なっています。犬や猫であればどのペット保険でも加入できますが、鳥、うさぎ、ハムスター、りす、爬虫類などは加入できるペット保険が限定されるので注意が必要です。


RSS関連リンク
?クロの医療費 ?わかりやすさは大切
菌培養検査2,800円 塗り薬 2,000円 TTL 11,340円 保険が利かないと何て高額な!!ペット保険が必要かも・・・・って痛切に感じました。とは言え塗り薬って、やっぱり抗生剤でした。先生に禁止事項を伺ってきました。1、ペットシートは絶対ダメ・・・コレって結構辛いです

本日の保険一番
本日も色々な事がありますね。ペット保険の提案営業 | 株式会社スロー・グループ ペットは健康保険がないんです。「ペットの診察料が高く飼い主さんの経済状況によっては満足な治療が行えない」「大切な家族を守りたい」そんな声から生まれた当社のipetclub。現在

トップ > マネー > ペット保険の比較

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。