消費者金融ブラックリスト

消費者金融でブラックと呼ぶ場合はどんなことを意味しているのでしょうか? 普通想像すると、ブラックとは消費者金融の業者で流通する共通の名簿で、このブラックリストに掲載された場合、もうお金を借りることができない感じがします。このブラックとは何なのかを詳しくみていきましょう。
日本の個人信用情報機関では債務不履行や延滞になった債権の情報について「異動情報」と呼び、消費者金融業者は融資の際に、個人信用情報機関に照会して調査をするため、この異動情報に掲載された債務者の場合は、融資を受けることができなくなります。このことを通称ブラックと呼ぶのです。
どのくらい支払いが遅れると延滞扱いになるでしょうか? 本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報機関に登録されます。延滞後に支払いをしてて完済することを 「延滞解消」 と言います。延滞解消後も延滞後に完済したという事実が1年間記録として残ります。そして、延滞情報は登録されてから「最低5年間は参考情報として残り」ますので、延滞解消になっていても参考情報が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。
個人信用情報機関に延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても、融資の審査はほぼ通りません。消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟して情報を共有しています。銀行や信販会社もそれぞれ信用機関に加盟しており、信用機関同士で延滞情報の共有をしていますが、消費者金融の業者は銀行や信販会社の延滞情報は、調べません。逆に消費者金融による延滞情報が載った場合は、信販会社や銀行はほぼ融資が通りません。


RSS関連リンク
美容院での話し
美容師によると鹿屋は… 「消費者金融とギャンブルの町」 らしいです!知ってる人もいると思うけど鹿屋市は人口に対するパチンコ屋の割合が全国1位らしい☆ 場外馬券場もあるし!そこで鹿屋ではそれがらみで自殺者も多いいだとか((+_+)

トップ > マネー > 消費者金融ブラックリスト

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。