フラット35とは

フラット35というのは、マイホーム購入に際して、資金を受け取る時に返済終了までの金利・返済額が確定する住宅ローンです。一切金利の変動がないので、支払う金額が増減すると言うことは全くありません。従って長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
フラット35というのは民間金融機関そして住宅金融支援機構が提携して提供しているプランです。金利の変動がなく、返済金額が終了時まで分かっているので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。フラット35は最長で35年までのローンを組むことができるのです。
フラット35は金利が変わらないので、ライフプランを立てやすいと言うメリットがあります。しかし変動金利の場合だと金利が一気に下がって支払い金額が少なくてすむ場合も、高いローンを払い続けなければならないというケースもあります。もちろん逆もあり得ます。
フラット35のメリットは金利固定、保証料・保証人の不要、抵当権設定登記のための登録免許税や繰上返済、条件変更の場合の手数料も必要ない、と言う点などが挙げられます。メリット、デメリットをよく考えた上で、自分の経済条件に最適な返済方法を選んで下さい。


RSS関連リンク
ドル安
OTS)は28日、インターネット専業銀行の「ネットバンク」(ジョージア州)を閉鎖したと発表した。米メディアによると、ネットバンクは主に住宅ローン関連の不良債権が拡大して経営が悪化し、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を28日、フロリダ州

政府の「200年住宅」構想
住宅構想で、住宅履歴情報の整備や改修しやすい設計の促進 超長期の住宅ローン創設などを提言。国交省も昨年制定した住生活基本法で 中古住宅を中心とする住宅政策を進めており、自民党と歩調を合わせている。国交省は中古住宅の評価手法の開発、超長期住宅

トップ > マネー > フラット35とは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。